2つの女性ホルモンを整えてニキビを治す方法!

ニキビができる原因は女性ホルモンが関係

本来、女性ホルモンには2種類があります。
その種類とは「エストロゲン」
「プロゲステロン」で、それぞれ働きが異なります。
エストロゲンは皮脂分泌を抑え、ニキビ予防に役立ちますが、一方でプロゲステロンは皮脂分泌を増やします。
生理前になると肌の調子が悪くなるのは、プロゲステロンの影響もあるのです。
しかし女性ホルモンバランスが正常になると、エストロゲンの力がしっかりと働きます。
エストロゲンは大豆食品を多くとると正常になるので、食生活のバランスを整えながら豆類を積極的に摂取すると良いでしょう。
その他にも睡眠不足や運動不足、ストレスでもエストロゲンは減ってくるので注意が必要です。

肌の免疫力を高めてニキビを予防

6f4d3e385c23ac2478f7007afec1e708_s

ニキビは肌のバリアが弱くなっているために起こるので、免疫力もアップさせる必要があります。
それには、角質層の水分量をアップさせるセラミドやヒアルロン酸配合で保湿力を高めておくことが必要です。
また、洗顔のしすぎも潤いが失われるので、肌に負担がない洗顔をしましょう。
洗顔後にはごしごしこすりぎたりタオルで強く抑えたりするのも避けて、美容液はビタミンc誘導体を配合のアイテムを使えば肌を元気にしてくれます。